宅建資格を取得するには - 資格取得講座なび

 

宅建主任者の資格取得

宅建主任者として業務に就くには、合格後に宅地建物取引主任者資格登録簿に登録される必要があります。
名簿に登録される条件としては、宅地または建物の取引に関して2年以上の実務経験があること、民法における欠格事由に当てはまらないことが条件とされています。

 

新たな人生への第一歩は行動すること。まずは資料請求(無料)からスタート☆



宅建資格を取得するにはエントリー一覧

宅建資格を取得するには
宅建主任者を目指すのなら、試験に合格する必要があります。試験は誰でも受けることができるため、不動産と無関係の業種の方はもちろん、主婦や無職の人など、受験者は多岐にわたります。試験は10月の第3日曜日に行われ、それに合格すると資格取得へ近づいたことになります。宅建の資格取得が認定される合格基準は年によって異なります。ですが、約7割正解すれば合格に至るのではないかと言われています。宅建主任者として業務に就くには、合格後に宅地建物取引主任者資格登録簿に登録される必要があります。名簿に登録される条件とし...
宅建資格取得にかかる期間
宅建資格は法律などの専門的な知識が必要なため、慣れていないと戸惑ってしまうこともあります。そのため、合格するまではあきらめずに根気強く勉強していく必要があります。一般的に合格するまでにどれくらいの期間を要するのでしょうか。宅建試験に合格するまでには短期間で合格に至っている人だと2〜3ヶ月、多くの人が6ヶ月〜10ヶ月程度の期間を勉強に費やしているようです。独学の場合は人それぞれですが、通信講座や資格学校の場合は6ヶ月程度のコースが多いようです。どの勉強方法を選択しても、6ヶ月がひとつの目安と言える...
宅建資格取得に必要な費用
宅建資格試験は受験の条件がないため、誰もが受けることができる試験です。宅建の資格取得にはどの程度の費用がかかるのでしょうか。受験までの勉強にかかる費用は、どういう勉強方法を選択するかによっても異なります。もっとも費用が抑えられるのは、教材費だけの出費で済む独学です。通信講座や資格学校へ通う場合はそれよりも多くの費用がかかるので、自分がどれくらいの予算を割けるのかを考え、どの方法がいいのかよく検討することが大切でしょう。受験者が共通して支払わなくてはいけないのが受験料の7,000円です。その他、宅...
資格学校で宅建合格を目指す
宅建資格を取得するには試験に合格する必要があります。試験範囲には専門分野が含まれるので、より効率的に知識を学ぶために資格学校に通う人も多いようです。資格学校の多くは、学習経験者向けコースや宅建の初心者向けコースなど、受験者の現状の知識レベルに応じてコースを選べるようになっています。コースによって通学の期間はことなりますが、だいたい2ヶ月〜9ヶ月の期間を通じて学習を進めていきます。宅建資格のスクーリングは受講内容も様々で、実際に授業を受けるタイプやWEBやDVDなどを使って自宅で受けられるタイプの...
通信教育で宅建資格取得を目指す
宅建資格の取得のための勉強には様々な方法があります。中でも通信教育は多くのバリエーションがあるので、自分に合ったタイプを選びやすいかもしれません。宅建資格の通信教育で定評のあるのがTACの宅建講座やLEC東京リーガルマインド、ユーキャンの宅建講座、大原簿記専門学校の宅建通信講座などです。それぞれの講座ごとに異なる特徴を持っているので、もっとも自分に合った講座を選ぶことをおすすめします。通信講座のメリットはなんといっても、資格を取得するまでマイペースで学習を進められるという点でしょう。勉強へのやる...

 


お試しセット
  • seo