公認会計士の資格取得 - 資格取得講座なび

 

公認会計士の資格取得

国家資格の一つである公認会計士は、試験に合格することで資格が交付されます。
試験は「短答式試験」「論文式試験」の2つに分かれています。
昔は「一次試験」〜「三次試験」という流れで行われていましたが、2006年から内容が異なっています。

 

公認会計士の資格は、かなり難しいことで有名です。
司法試験とそれほど変わりないほど合格率が低く、10%以下という数値で推移しています。



公認会計士の資格取得エントリー一覧

公認会計士の資格を取るには
国家資格の一つである公認会計士は、試験に合格することで資格が交付されます。試験は「短答式試験」「論文式試験」の2つに分かれています。昔は「一次試験」〜「三次試験」という流れで行われていましたが、2006年から内容が異なっています。公認会計士の資格は、かなり難しいことで有名です。司法試験とそれほど変わりないほど合格率が低く、10%以下という数値で推移しています。試験の概要は、年2回(12月・5月)の短答式試験のほか、管理会計論、財務会計論、企業法、監査論になります。1日の日程で、この4つの科目から...
公認会計士の資格取得に要する期間
公認会計士の資格を取る場合、いくつかの過程が用意されています。初めに、マークシート方式の「短答式試験(4科目)」の合格を目指します。その後、数ヶ月くらい空けてから論文式試験に挑戦します。両者の試験の間は長く設定されているので、この間に効率よく学習を進めておきましょう。資格取得が難しいのは、論文式試験にパスしたあと、さらに2年間の実務経験が必要なことです。そして、試験のための教育を受けるため、1年間くらい補修所に通います。これらの過程を終えてから修了試験を受け、見事合格することで公認会計士として認...
公認会計士の資格取得にかかる費用
ここでは、公認会計士の資格を取るためにかかる費用について見ていきましょう。世間のイメージとしては、信頼度が高く求められる職業であるため、取得も高額になるというイメージがあるようです。費用に関しては、どのような方法で学習を進めるかが大きく関係します。独学で学習すれば費用は安くなりますが、司法試験なみに難しいため、簡単には合格できません。何度も不合格になるようなら、かえって費用は高額になるでしょう。一般的な公認会計士の資格取得は、専門学校や予備校に通学する方法です。仕事の合間を見ながら通学し、自宅で...
公認会計士の資格を学校で取る
公認会計士の資格は、難易度が高いことで有名です。そのため、独学や通信教育のみで取得するのは困難です。遊び心で取得を目指す人もいるようですが、現状はかなり厳しいと言えます。将来的に資格を役立てることを視野に入れなければ、モチベーションを保つことは困難でしょう。公認会計士の取得のためには、専門学校へ通学して知識を身に付けていきます。学校の一番の利点は、講師に質問できることです。独学の場合、誰かに質問することができません。専門的な内容の学習になるため、参考書を読んでも答えが得られるとは限りません。学校...
公認会計士の資格を通信教育で取る
公認会計士の学習は、独学は適していません。難易度が高い資格ゆえ、通信教育や学校などを利用する人が多いのです。最も確実なのは学校へ通うことですが、仕事の関係から難しい人が多いはずです。そこで補助的な方法として活用できるのが通信教育です。通信教育のメリットは、自身の都合に合わせて学習を進められることです。独学と比較して理解度を深めることが可能で、電話やメール相談に対応している通信教育もあります。しかし、難易度が非常に高い公認会計士資格の学習は、努力しても相当な苦労を要する覚悟が必要です。ほとんどの人...

 


お試しセット
  • seo