カウンセリングの資格取得 - 資格取得講座なび

 

カウンセラーの資格を取得するには

現在、10種類を超えるカウンセリング関連の資格があるとされます。ここから、自身が望む職業に就くための資格を選択していきます。

 

大学への通学が求められるのは、臨床発達心理士、学校心理士、遺伝カウンセラーなどがあります。

 

団体認定の種類には、家族相談士、音楽療法士、認定カウンセラーなどがあります。

 

自身の希望する職種によって求められる資格が異なるため、まずは仕事について十分に考えたうえで決定する必要があります。

 

 

 



カウンセリングの資格取得エントリー一覧

カウンセリングの資格取得方法
カウンセリングにも複数の種類があり、どのタイプの資格を取るかによって方法が変わってきます。臨床心理士になろうと思ったら、指定大学院や専門職大学院など、臨床心理士養成に関連する学校を卒業しなければなりません。独学で勉強しても取得は無理なので、事前に確かめておく必要があります。産業カウンセラーならば、通信教育で取得するのも可能なので、ほかのカウンセリングよりもお手軽な感があります。これらのカウンセリングの資格は、自身の希望する職種をはっきりさせないと決めるのは難しいでしょう。現在、10種類を超えるカ...
カウンセリングの資格取得にかかる期間
ここでは、代表的なカウンセリングの資格の取得期間について説明していきます。・臨床心理士大学や大学院に通わなければ取得できないため、かなりの期間を要するようです。少なくとも2年はかかると考えておくべきでしょう。通信講座で受けられる認定カウンセラーも、2年間を学習期間の目安として設定しているようです。・産業カウンセラー養成講座や心理学の専攻などが条件となるので、少なくとも7か月くらいは考えておくべきです。カウンセリング関連の資格は、カウンセリングに関する業界に身を置いておいたほうが有利となります。「...
カウンセリングの資格取得に要する費用
カウンセリングの資格は、種類によって費用も異なってきます。知名度の高い臨床心理士のケースでは、大学への通学が必須となるため、通学のための費用を用意しなければなりません。授業料は年間約80万円となり、それとは別に入学金・諸費用などが必要となります。そのほか、資格に挑戦するための審査料が3万円、試験にパスしたときの交付料を5万円用意しなければなりません。カウンセリングのなかでは、比較的お手軽だと言われているのが産業カウンセラーです。大学への通学は必須ではない反面、養成講座の受講が求められます。養成講...
カウンセリングの資格取得には学校がベスト
カウンセリングの資格をスムーズに取りたいならば、やはり学校で勉強するのが一番でしょう。通信教育での学習、テキストを使用した独学などは、基礎を身に付けるための手段だと認識しましょう。専門的な分野であるカウンセリングの資格は、分かりやすく説明されていたとしても、難解な言葉は非常に多くなっています。自主的に勉強して身に付けられるレベルかは、事前に把握しておく必要があるでしょう。相手に話しかけるときなど、穏やかに話しかけていると思っても、相手の判断は逆かもしれません。相手との会話は、カウンセリングの仕事...
通信教育でカウンセリングの資格を取る
通信教育でカウンセリングの資格を取得する場合は、仕事との兼ね合いで取得できるのがメリットです。自身の生活スタイルに適した時間帯に学習できる自由性があります。また、専門学校で取得する場合には、かなりの高額となってしまいますし、独学の場合は、非常に長い期間を要するため、途中で嫌になって止める人もたくさんいるようです。そのため、通信教育の講座でカウンセリングの資格取得をめざす方が多くなっています。資格をスムーズに取得するコツは、やはり短期集中にあります。カウンセリングの通信教育を受けたいと思ったら、最...

 


お試しセット
  • seo