簿記3級の資格の種類

 

簿記3級の資格の種類

 

簿記の資格には、4級から1級までありますが、履歴書に書くことができるのは3級以上となります。
簿記3級の資格試験は、向き不向きもありますが、真面目に勉強すれば比較的合格率は高い資格試験です。

 

この簿記3級ですが、認定している団体によって3種類あります。

 

1つめは日商簿記と呼ばれている、日本商工会議所が認定している資格です。
1級〜4級まであり、普通は簿記3級というと、この日商簿記のことをさします。

 

2つめは、全商簿記といわれている、全国商業高等学校協会が認定している資格です。
こちらは1級〜3級まであって、難易度もそれほど高くありません。
商業高校で取得できる簿記の資格として採用されている場合が多い資格です。

 

3つめは、全経簿記という、全国経理学校協会が認定している資格があります。
この全経簿記の資格は、4級、3級、2級、1級工業簿記、1級会計、上級と分類されています。

 

この中で一番難易度が高いのは、日商簿記で、1級になると非常に取得が難しい資格となります。
どの資格試験を受けるかによって、参考書や問題集も違ってきますので、間違わないように気をつけましょう。

 

新たな人生への第一歩は行動すること。まずは資料請求(無料)からスタート☆



簿記3級の資格の種類関連エントリー

 


お試しセット
  • seo